妊娠

ドレスの心配は不要!妊娠中に体重が増加した場合の対処法について

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s
妊娠中は、ある程度体重が増加するのはやむを得ないことですが、結婚式を計画している妊婦さんにとっては、「ドレスが着れないのではないか」といった心配の種にもなりますよね。。。

今回は、こういった場合の対処法に関してまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ドレスを着るためにダイエットをしても良い?

結婚式を控えていると、「○月○日までに体重を落とさなきゃ!」と焦りが出てくるかと思いますが、妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を送り込んだり、出産に向けて体を準備する大切な期間です。

ダイエットに定番の、いわゆる食事制限や過度な運動といったものは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんにとってとても危険ですので、決して自己判断で行わないようにしてください。

どうしても結婚式に向けて何かやりたい場合は、かかりつけの産婦人科医や助産師さんにあらかじめ相談し、許可を得てから行うようにしましょう。

ドレスの心配は不要

お腹が目立ってきた場合は、やはりウエディングドレスが着れるか不安に感じるかと思います。

ですが、近年では結婚式を挙げた御夫婦のうち、奥さんが妊娠中だったケースは全体の30パーセント近くにも上ります。

このため、式場も妊娠中の結婚式を扱うことが多くなっており、事前に妊娠中であることを伝えておけば、打合せやドレス選びの際に考慮して進めてもらえます。

ウエスト部分がキュッと締まったドレスは難しいにしても、ドレスを着た際にお腹が目立たないような配慮は、十分行ってもらえますので安心してください。

妊娠中に適した体重管理の方法とは?

ここでは、式本番に向けて体型の維持をしていく際の方法についてお話したいと思います。

一般的に、体重を管理するために普段の生活の中でできることとしては、下記のようなものが挙げられます。

(食生活に関するもの)

●和食中心の食事

●間食は果物や寒天など

●食事は野菜やみそ汁から食べ始める

(運動に関するもの)

●ウォーキング

●マタニティスイミング

●マタニティヨガ

主食については、よく「ごはん派」と「パン派」で分かれますが、妊娠中は「ごはん」を主食とする和食をおすすめします。

理由としては、パン食に定番のマーガリンやハムエッグなどを摂らなければ、その分脂肪を摂る機会も少なくなるほか、味噌や納豆などの発酵食品を摂取することで、整腸効果も期待できるからです。

ただし和食であっても、焼き魚に塩を振りかけたり、納豆に醤油をかけ過ぎたりすると、塩分の摂り過ぎに繋がるので注意してください。

寒天は糖分が多いイメージがあるかと思いますが、これはフルーツの缶詰の中に一緒に入っていることが多いからです。

寒天そのものはカロリーがほとんどなく、食物繊維が豊富に含まれているため、先述した発酵食品と同じくお腹の調子を整えてくれます。

また、毎回の食事においては野菜から食べ始めるようにすることで、血糖値の急激な上昇が抑えられ、脂肪が蓄積されにくくなります。

-------------------------

運動について見ていきますと、近年、妊婦さん向けのスイミングやヨガの効果が注目されたことで、安定期に通い始める妊婦さんも増えています。

ただ、結婚式を控えた状態では式の準備もあるでしょうから、継続的に通うのはなかなか大変です。

そこでこういった状況では、上記の中でもウォーキングがおすすめです。

ウォーキングは手軽にできることに加え、自分で体調を見ながら運動量を調節しやすいメリットがあります。

自宅の周辺を10~15分程かけて歩くことから始め、慣れてきたら徐々に時間を増やしていくと良いでしょう。

-------------------------

注意点として、こうした食事管理や運動は、妊娠中の体重の増加を緩やかにする目的で行うもので、決して痩せてスリムになることが目標ではありません。

例え安定期だとしても、妊娠中は突如体調が不安定になることもありますので、絶対に無理をしないようにしてくださいね。

二の腕を引き締めることもポイント

9dac87a48903c1e3963f89061fa45d20_s
妊娠中は、お腹を引き締めたりスリムな体型を目指すようなダイエットは、ママやお腹の赤ちゃん双方にとって望ましくありません。

このような時に行うと良いのは、「二の腕」を引き締める方法です。

意外と見過ごされがちですが、二の腕はウエディングドレスから出る部分なので、そこがスッキリしているだけでも全体の見栄えは良くなります。

二の腕のエクササイズについては、他に動画も含めた詳しいサイトがありましたので、ご紹介しておきますね。

二の腕痩せ!即効で細くなる簡単ダイエット動画7選

式場には妊娠中であることを伝える

結婚式のドレス選びについては、下記のようなエピソードがあります。

私が過去に友人の結婚式に参列した際、初めは妊娠5ヶ月とは分からなかったくらい、お腹は目立っていませんでした。

後で話を聞くと、式場のプランナーさんが、妊娠中に適したドレスをピックアップしてくれたとのこと。

ドレスについては無理に体型を合わせようとするのではなく、逆に今の自分に合ったものを選ぶことが、一番無理のない方法だと実感した次第でした。

ドレスを着た際にお腹が目立つというケースはウエストを絞ったドレスに多いため、ドレス選びの段階で、ゆったりしたものを選ぶことが重要になってきます。

このため、妊娠中に結婚式を挙げる場合、あらかじめ式場のプランナーさんに妊娠何ヶ月かを伝えておきましょう。

基本的にどの式場でも対応はしてもらえますが、初めからマタニティウエディングに理解がある式場を選ぶことも、ポイントのひとつです。

例えば結婚式の打ち合わせについても、体調が思わしくない場合は電話やメールで進めてもらえるので、気持ちの面でとても楽になりますよ。

要望があれば遠慮なくプランナーさんに伝え、当日は思い切り楽しんでくださいね。

-妊娠