妊娠

妊娠中にできるお腹の黒い線の正体は?消したい場合の対処法は?

43ddc50d3799f504f65d775204ff6ee8_s

新しい命を授かってお腹が膨らみ始めると、おへその部分を中心に黒い縦線が目立ってきた、という方もいらっしゃると思います。
これは「正中線(せいちゅうせん)」と呼ばれるもので、妊娠したほとんどの女性に現れます。
正中線に痛みや痒みは無く、産後時間が経つにつれて自然と薄くなっていくものですが、「早く消したい」「痕が残らないか心配」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、正中線ができるメカニズムと、目立たなくするために有効な方法についてまとめましたので、参考にしてください。

正中線について

一般的に妊娠した女性にできるイメージが強い正中線ですが、これは男女関係無く誰にでも存在します。

赤ちゃんがママのお腹の中で成長する際、隣り合った細胞がどんどんくっつくことにより大きくなっていくのですが、正中線はこれらの細胞の「つなぎ目」にあたるからです。

身近な体の部位では鼻の下の溝が一番わかりやすいでしょう。

女性は妊娠を機に目立つようになりますので、本来誰しもが持っている正中線にもかかわらず、「女性特有のもの」といったイメージが定着したのだと思われます。

妊娠すると正中線が目立つ理由

では、なぜ妊娠中の女性は正中線が目立つようになるのでしょうか。

結論から申しますと、生理や妊娠、出産に関係した女性ホルモンが原因として関わっているからです。

具体的な名称としては

●エストロゲン
●プロゲステロン

の二つが該当します。

これらは普段の生活の中でも分泌されていますが、とりわけ妊娠すると、その量は格段に増えるようになります。

特にプロゲステロンは、メラニン色素を生成する細胞を刺激する役割を持っているため、妊娠に伴いプロゲステロンが増えると生成されるメラニン色素も増え、元々あった正中線が黒く目立つようになってしまうのです。

正中線の黒ずみは一時的なものですが・・・

上述したとおり、正中線は妊娠に伴うホルモンバランスの変化により、メラニン色素がたくさん生成されたことによるものです。

ですので、赤ちゃんを産んでホルモンバランスが元に戻れば、おのずと正中線も薄くなる傾向があります。

加えて、私たちの肌の表面では、古い皮膚が自然に剥がれ落ちて新しい皮膚が作られる「新陳代謝(ターンオーバー)」が盛んに起こっているため、個人差はあれど産後半年から一年程で薄くなる場合がほとんどです。

ただ、出産後は赤ちゃんのお世話などで毎日が慌しく、生活リズムも劇的に変化するので、ゆっくり体を落ち着ける時間が無いことも事実。

実際ママさんの中には、「消えるまで2~3年かかった」という方もいらっしゃいます。

そのため、正中線をなるべく短期間で目立たなくさせるためには、意識的にケアを行っていくことが大切なのです。

基本的な正中線対策は?

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

正中線を目立たなくするためには、一番の原因であるメラニン色素を肌から追い出す、すなわち、細胞の新陳代謝を促進させることが必要です。

このために一番大切なことは保湿です。

なぜなら、肌が乾燥してしまうと新陳代謝に悪い影響を与えてしまい、新陳代謝が適切に行われないと肌が乾燥しやすくなるといった、悪循環に陥ってしまうからです。

この流れを断ち切るためにも、正中線を中心としたお腹まわりを継続して保湿してください。

保湿というと、普段洗顔の後に保湿クリームを塗る方が多いと思いますが、お腹についても同様に、クリームを使用するのが一番手間がかかりません。

最近は、以下のような正中線対策に特化した保湿クリームも販売されています。

妊娠中の女性目線で開発されたもので、正中線の主な原因であるメラニン色素を抑制する成分が配合されています。

>>正中線対策専用「メイドバイマムクリーム」<<

このクリームのポイントとして「ベタつかない」「コンパクトで持ち運びが便利」などと記載がありますが、一番は「香料が一切使われていない」点で、化粧品特有の鼻につく香りがしません。

妊娠中は安定期に入っても匂いに敏感な妊婦さんもいらっしゃいますので、安心して使用できるかと思います。

保湿対策の中でも手軽に習慣にすることができますので、ぜひ活用してみてください。

----------------------------------

また、入浴時にお腹まわりを洗う際は、間違ってもタオルなどでゴシゴシと擦ることは避けてください。

肌の表面が傷つき、ターンオーバーが正常に行われなくなったり、乾燥の原因にもなってしまいます。

ポイントはボディーソープを手のひらに伸ばし、優しく円を描くように洗うことです。

妊娠何ヶ月目かに関わらず、お腹に強い刺激を与えないことを意識するようにしてください。

その他にも、肌の代謝を促進させる「ビタミンB2」「ビタミンC」「葉酸」などを含む食品を意識して摂取すると良いでしょう。

これらが豊富に含まれている代表的な食材は、以下のようなものがあります。

●ビタミンB・・・納豆、卵、のり
●ビタミンC・・・トマト、ピーマン、ブロッコリー、キウイ
●葉酸・・・枝豆、ブロッコリー、ほうれん草、アスパラガス

これらの栄養素はサプリメントで手軽に補うこともできますが、妊娠中は赤ちゃんの発育に影響を与えるケースもあるため、摂取にあたっては産婦人科医に相談してください。

正中線対策は日頃の習慣から

正中線対策のために必要なことをいくつか挙げさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

初めのうちは意識することが多いですが、一度習慣にしてしまえば、特に考えることなく自然に実践できるようになります。

赤ちゃんに会える日を心待ちにしつつ、毎日のケアを忘れないようにしてくださいね。

-妊娠