妊娠

妊娠中は何ヶ月目でも結婚式には出て良い?出席の返事をする前に気にかけること

6eb38e7c14f400d70b46b9c68ab5872e_s
妊娠中に、仲の良い友人から結婚式の招待状が届いた場合、出席したい気持ちがありつつも、体調面等で不安に感じることがあるかと思います。

今回は、こうした妊娠中の結婚式への出席に関して、気にかけるべき点をまとめてみました。

妊娠中に現れる主な症状

妊娠の時期については、何ヶ月目かによって「初期」「中期」「後期」の三つに分かれます。

初めに、それぞれの時期において体にどのような変化があるか、軽くおさらいしておきましょう。

妊娠初期

妊娠4~15週(2~4ヶ月)を指します。

妊娠中の代表的な症状である「つわり」が始まるほか、ホルモンバランスの変化によって頭痛や不眠が起こります。

また、血流が増加することで、息切れやだるさを感じる方もいらっしゃいます。

妊娠中期

妊娠16~27週(5~7ヶ月)を指します。

胎動を感じ始めることが多く、お腹も少しずつ目立ってきます。

姿勢の変化による腰の痛みや、足のむくみなどが生じます。

妊娠後期

妊娠28~39週(8~10ヶ月)を指します。

お腹が前方に突き出るように、さらに大きくなるため、内臓が圧迫されて食欲が落ちる方がたくさんいらっしゃいます。

この時期になると、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくはありません。

お腹の張りが1日に何度も起こるようになる場合があり、妊娠期間全体を通して、最も安静にすることが求められます。

-----------------------

上記に挙げましたように、妊娠中はどの時期であっても、体に何かしらの変化が現れます。

これは主に、「出産に向けて体が作られている」「お腹の中で赤ちゃんがどんどん成長している」といったことが大いに関係しており、体を労わってあげることがとても大切なのです。

返事を書く前に気にかけること

ここでは、実際に受け取った招待状へ返信するにあたり、事前に行うべきことをお話します。

返信期限まで待つ

結婚式の招待状は、「○月○日までにご返送ください」といった期限が設けられていることがほとんどかと思います。

仮に出席したい場合、招待状が届いたからすぐに「出席」としてポストに投函するのではなく、まずは式当日の日付を確認したうえで、旦那さんをはじめとする家族へ意向を伝えてください。

頑なに反対されることは少ないと思いますが、「妊娠中に結婚式に出席する」という状況を把握してもらうことが第一です。

早めに伝えておけば、当日式場まで送り迎えをしてもらえたり、既に上にお子さんがいる場合、面倒を見てもらいやすくなります。

主治医に相談する

特に出席する意向がある際は、これまで診察を受けてきた産婦人科医にあらかじめ相談し、指示を仰いでください。

その際、もしも体調面等を理由に出席を控えるよう促された場合は、従う方が無難です。

確かに、妊娠から出産を経た方々の声を色々聞いていると、妊娠2~3ヶ月あるいは8~9ヶ月で、知り合いの結婚式に出席された方もいらっしゃいます。

ただ、

●妊娠中の体調の良し悪しは非常に個人差が大きい

●妊娠後期は切迫早産等で急に産気付く可能性が高い

といった理由から、これまで診察にあたってきたお医者さんからストップがかかった時は、「安静にすべき」という助言ととらえ、出席を控えるほうが良いでしょう。

特に臨月に入ると、前日は何事も無く過ごしていたにもかかわらず、急に陣痛が始まることも十分あります。

状況によっては、出産後NICU(集中治療室)へ運ばれるケースも珍しくありません。

妊娠中の結婚式への出席が悪いとは言い切れませんが、例え欠席の場合でも、代わりとして直筆のお祝いの手紙などを送れば、喜ばれるのではないでしょうか。

妊娠している旨は差出人にも伝える

妊娠中において結婚式に出席する際は特に、妊娠の事実(式当日に妊娠○ヶ月など)を手書きで添えておくことも大切です。

仲の良い友人であれば招待状とは別に、「妊娠中だから当日はあまり動きまわれないかも」「万が一急に体調が悪くなれば行けないかもしれない」といった旨を、電話やメール等で伝えておきましょう。

妊娠中ということが伝わっていれば、式当日も配慮してもらえることが多くなります。

また、急な欠席は本来新郎新婦や式場に負担がかかるので好ましくありませんが、真にやむを得ない理由で欠席した場合、友人から式場へ迅速に伝えてもらえるかもしれません。

先にも述べましたが、妊娠しているという状況を把握してもらうことは、とても大切です。

体調管理をしっかりして心から祝福を

結局、妊娠中に結婚式に出ても良いか否かについては、一概にどちらとも言えません。

ただ、妊娠中はどの時期でも体調に変化が現れることを念頭に置き、出席が決まったら体に負担がかかる行動は慎むようにしてください。

また、両親学級や赤ちゃん用品の購入など、妊娠中ならではのイベントも目白押しですので、結婚の祝福をしつつそちらも楽しんでくださいね!

-妊娠