住まい 加湿器

加湿器の種類ごとのメリットやデメリットは?赤ちゃんがいる場合におすすめの種類は?

1c55457f30d0408877181771fd4bb19b_s

冬の乾燥対策として大活躍する「加湿器」。スイッチを入れるだけで手軽に部屋の湿度を上げることができ、導入されているご家庭も昔に比べて格段に増えています。

今回は、「加湿器を部屋に置きたいけど、どんなものが良いのかわからない」といった方のために、加湿器の種類や、それぞれのメリット・デメリットなどをまとめましたので参考にしてください。

加湿器の種類

加湿器は、大まかに「スチーム式」「超音波式」「気化式」「ハイブリッド式」の4種類に分けられます。
内部に水をセットする点では同じですが、加湿に至るまでの原理が異なるため、目的や用途に合った加湿器を選ぶことが必要になってきます。

種類別に見た加湿器の特徴

スチーム式

本体に内蔵された電熱装置によって水を沸騰させ、その蒸気を放出するものです。ストーブの上にやかんをかけておくと時間の経過とともに湯気が出てきますが、これと同じ原理です。

スチーム式の機能はそのままで内部にファンを持っているものは「スチームファン式」と呼ばれますが、この方式は一定の向きに蒸気を放出するため、部分的な加湿が可能となります。

スチーム式のメリット

スチーム式は水を沸騰させるため、水の中に雑菌が含まれていても死滅しますので、放出される空気も綺麗なものになります。こうしたことから、病院においても加湿器の設置に関しては、スチーム式が望ましいとされています。

スチーム式の加湿器は動作する過程で煮沸消毒しているので、その分他の加湿器と比べてお手入れの頻度は低くなります。また、蒸気によって部屋の温度が上昇するため、部屋の広さによっては暖房器具を使わなくても寒さを和らげることができます。

スチーム式のデメリット

デメリットとしては、本体を倒した際に中のお湯がこぼれたり、高温の蒸気が放出される吹き出し口に触れることによるやけどが懸念されます。このため、赤ちゃんやお年寄りがいるご家庭では、手の届かない場所に置くなどの配慮が必要となってきます。

また、スチーム式は水を沸騰させる仕組みであることから消費電力が大きいため、電気代が他の加湿器に比べて割高になります。

超音波式

名前のとおり、超音波で水を細かい粒子に分解し、これを内部のファンによって空気中に放出します。超音波式以外の加湿器は水蒸気を放出しますが、このタイプは唯一、水を放出する点で違いがあります。

超音波式のメリット

一番のメリットとしては、本体の消費電力が低いため、電気代が割安になることです。冬はどうしても暖房機器による電気代がかかりますから、少しでも安くなると助かりますよね。

また、稼動音が静かなタイプが多くデザイン性にも優れているので、お部屋を自分流にアレンジしたい方や、おしゃれな加湿器が欲しい女性の方に人気があります。

超音波式のデメリット

このタイプの加湿器は、衛生面の問題がデメリットとして挙げられます。細かい水を放出するため、仮にタンク内の水に雑菌が含まれていると、これらも一緒に放出されてしまいます。

昔は「超音波式は体に良くない」といった風潮がありましたが、現在はメーカも装置内部にろ過フィルターや自浄機能を備えるなど、雑菌の繁殖を抑える工夫を行ってきています。

こうしたことから、このタイプの加湿器を購入する際は、除菌機能やフィルターが付いているかを必ず確認してください。

また、普段のお手入れについても、他の加湿器よりもこまめに行う必要があります。

気化式

ヒートレスファン式とも呼ばれている加湿器で、内部のフィルターに水を含ませ、その水をファンの風によって気化させる方式です。物によってはファンが付いておらず、自然に気化させるタイプもあります。

ちょうど部屋にタオルを干しておくのと同じようなイメージです。

気化式のメリット

メリットは何と言っても電気代が安い点です。これは水を気化させるためのファンにしか電力を使わないからなんですね。

また、スチーム式のように吹き出し口から熱い蒸気が出ないため、やけどの心配がありません。これは、小さなお子さんをお持ちの親御さんにとっては安心できる点といえるでしょう。

気化式のデメリット

デメリットとしては、加湿に時間がかかる点が挙げられます。前述の通り水を徐々に気化させていくため、スチーム式のように初めから蒸気を出す方式に比べると、どうしても時間を要してしまいます。

また、水をそのまま気化しているので、放出される気体も冷たくなってしまいます。このため、大抵の場合はエアコンと併用する必要が出てくるでしょう。

ただ、このタイプはゆっくり時間をかけて部屋を加湿するため、日中ずっとつけておきたい場合には適しています。

ハイブリッド式

加熱気化式とも呼ばれ、内部のヒーターで加熱した風をフィルターにあてて、水を気化させています。

温風をあてることで湿度が上がるまでの時間が短くなり、本来の気化式の弱点を克服することに成功しています。

ハイブリッド式のメリット

第一に、電気代を安く抑えることができます。ハイブリッド式はヒーターを内蔵しているため、電気代が高いイメージをお持ちかもしれませんが、加湿の仕組みが気化式と同様であることが安い理由です。料金の目安としては、気化式とスチーム式の中間程度と思って頂ければ良いでしょう。

また、風を熱すると言ってもスチーム式のように水を沸騰させるわけではないため、出てくる蒸気も熱くなりません。このため、やけどのリスクは格段に低くなっています。

その他にも、製品によっては運転音が静かであったり、湿度が設定値になるとヒーターから送風に切り替わってエコモードになったりと、便利な機能が多数搭載されています。

ハイブリッド式のデメリット

デメリットとして挙げられるのは、「お手入れに手間がかかる」「本体価格が高め」の二点です。

気化式と同じくフィルターを用いているので、定期的な交換や清掃が必要になってきます。

また、ハイブリッド式は放出される気体も衛生面上問題なく、電気代を抑える気化式の原理を採用していることから、どうしても他のタイプの加湿器より価格は高くなります。ただ、その分性能が優れていますので、しっかりしたものを長期間使いたい場合は検討してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんがいるお部屋におすすめの加湿器は?

どの加湿器が良いかは家族構成や設置する場所によって様々ですが、とりわけ赤ちゃんがいるご家庭においては、気化式ハイブリッド式がおすすめです。

これは、以下の二点を重視した結果になります。

●衛生面で問題が無い
●怪我をするリスクが低い

赤ちゃんの気道の粘膜はとてもデリケートで、空気中のホコリや細菌の影響を受けやすくなっています。

超音波式はコンパクトで電気代が安いものが多いですが、水をそのまま空気中に放出する性質上、他の加湿器よりも雑菌が浮遊しやすい点で避けたほうが良いのかと思います(もちろん超音波式そのものがダメなわけではなく、部屋のデザインにあわせて設置したい方や、毎日のお手入れが苦にならない方にとっては適している加湿器です)。

また、赤ちゃんはハイハイできるようになると家中の色々な物に興味を示します。加湿器についても同様であるため、万が一倒してもやけどの心配が無い物を選ぶことが大切になってきます。

他にも、月齢が低い赤ちゃんはお出かけする頻度が高くないため、一日の大半をおうちの中で過ごすことと思います。こうした場合にも、1日中稼動させていても電気代が高額にならない、気化式の加湿器は最適です。

加湿器は状況に応じた検討を

加湿器には様々なタイプがあるため、初めて導入する場合は迷いが生じることと思います。

ただ、メリットやデメリットは各タイプごとにハッキリしているため、あとは各ご家庭の環境に一番近いものを選んでください。

安い買い物ではないのでどうしても慎重になりがちですが、今後設置したいお部屋が増えたり、経年劣化によって買い揃える時期もやってきますので、タイプが定まったらあまり神経質になり過ぎないことが大切です。

1年のうち、寒い冬はおよそ4分の1を占めています。少しでも乾燥から身を守るため、これを機に設置を検討してみてはいかがでしょうか。

-住まい, 加湿器