ケガ・病気 赤ちゃん

赤ちゃんの痰が絡む原因は?おうちでできる対処法もご紹介

2016/12/27

2c452aac40399c7fb5cf37ea10b8280b_s

喉の奥に痰が引っかかっていると、何とかして出したい気持ちになりますよね。
今回はこの痰について紐解いていきます。まだ自分でできることが少ない赤ちゃんに対して、どのように対処していけば良いのでしょうか。

痰の役割と絡む原因は?

痰とは、肺や気管支で作られた粘液が体内のホコリやウイルス、白血球の死骸などを絡み取ったもので、これらの異物を体外へ排出する役割を担っており、人間の体を守るためには欠かせないものです。
日常生活の中で痰が絡むことは珍しくありませんが、赤ちゃんは大人と比べて気道が狭い分特に痰が絡みやすく、自分で咳払いなどをして出すことができないため、痰はいつまでも喉の奥に留まりがちです。
まれに、絡んだ痰が原因で呼吸困難や肺炎などを引き起こす可能性もありますので、何日も痰がしつこく絡んでいる場合には、相応の処置が必要となります。

痰の絡みが酷い場合には病院へ

赤ちゃんの痰の絡みは風邪をひいている場合に起こることが多く、「ゼーゼー」「ゼロゼロ」と息苦しそうに呼吸をするようになります。また、痰が絡んだ咳を頻繁にするようになったり、激しく咳き込みすぎて吐いてしまうこともあります。
こうした症状が見られた場合は、悪化を防ぐため早めに病院を受診しましょう。痰は鼻水と違って吸引が難しいので、代わりに痰が切れやすくなる薬を処方してもらうことがほとんどです。
症状が軽いうちにお医者さんに診てもらうことで、治るまでの期間も短くなります。

痰の色もチェック

痰は、その色を見ることによって他の病気にかかっている予測も立てることができます。赤ちゃんが吐き出した痰の色が黄色っぽい色なら特に問題はありませんが、もし以下のような色であれば要注意です。

このような場合は、すぐに病院を受診してください。

緑っぽい色

緑膿菌(感染症を引き起こす細菌)に感染していたり、蓄膿症にかかっている可能性があります。

赤っぽい色

胃腸の病気にかかっていたり、喉の粘膜から出血している可能性があります。

痰の絡みを和らげるためにできること

痰はその独特な粘り気により喉の奥に絡まっているため、痰を切りやすくするためには粘り気を弱めることが大切です。粘り気を弱めるためにおうちでできる対策としては、以下のとおりです。

部屋の湿度を適正に保つ

痰は空気が乾燥していると粘り気が増加します。加湿器を使用したり濡れタオルを干すなどして、赤ちゃんが過ごす部屋が乾燥しないようにしましょう。
適正な湿度は概ね50~60%です。適度に加湿することで喉に潤いを与え、痰が切れやすくなります。

水分をあげる

水分により喉が潤い、痰の粘り気が弱くなります。あげるものは母乳や人肌程度に温めた白湯、麦茶、ミルクなどが刺激が少ないので適しています。
痰が絡む咳が酷いときは哺乳瓶は使わず、スプーンで少しずつあげてください。

痰の排出を促す「タッピング」も試してみよう

この方法は、母乳やミルクの後にゲップを出すやり方と似ています。
赤ちゃんを縦に抱っこし、肩のやわらかい部分に赤ちゃんの口元があたるようにします(汚れないようにガーゼをはさんでおくと良いでしょう)。
赤ちゃんが咳をしたタイミングで背中(みぞおちのちょうど裏側辺り)を軽く叩くと、その弾みで痰が出ることがあります。痰を出す方法としては有効ですが赤ちゃんの体に負担がかかるため、やり過ぎは禁物です。
症状が軽い段階であれば、処方された薬を飲ませつつ安静にしておくことが一番です。

赤ちゃんが辛そうにしていたら、早めに病院へ!

赤ちゃんが痰を絡ませている時、少量であれば喉を潤すことで切れる場合がありますが、呼吸に支障が出るほど絡まっていれば早急な治療が必要ですので、症状の度合いの変化に注意してください。

本来痰は、体内に侵入した異物を排除するという防御反応ですので、痰が絡むということは、赤ちゃんにもこのような防御反応ができ始めているということです。
赤ちゃんの健やかな成長を願いつつ、注意深く見守ってあげてくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん