ケガ・病気 赤ちゃん

赤ちゃんがしゃっくりをする原因と対処法、病院へ行くべきケースについて

2016/12/28

8cc966523ead5c6a930e60668956f448_s

普段の生活の中で、赤ちゃんがしゃっくりをしている姿を見かけることがあるかと思います。しばらくすると止まる場合がほとんどですが、あまりにも長い時間続いていると心配になりますよね。
今回は、赤ちゃんがしゃっくりをする原因と対処法、病院を受診した方が良いケースなどについてまとめました。

赤ちゃんはしゃっくりが出やすい

しゃっくりは、お腹の中の横隔膜という薄い膜が、何らかの刺激によってけいれんを起こすことで生じます。特に、生まれてから生後6ヶ月頃までの赤ちゃんはこの横隔膜が未熟であるため、わずかな刺激でもしゃっくりが起こりやすくなっています。

しゃっくりを引き起こす主な刺激としては、授乳の際に母乳と一緒に飲んだ空気や、飲み物を飲むことによる胃や腸の運動、体温や気温の変化などがあります。また、妊娠中に「ピクッ」と規則正しく繰り返す胎動を感じた方もいらっしゃるかと思いますが、赤ちゃんはママのお腹にいる時からしゃっくりをすることがあり、これは肺呼吸の練習をしているためと言われています。

このように、赤ちゃんは様々な場面においてしゃっくりが出やすくなっているのです。

しゃっくりが出ている時の対処法

しゃっくりが出ている時、実は大人が思うほど赤ちゃんは不快に感じていません。ですのでそのまま様子を見ていても差し支えありませんが、少し時間が経っても続く場合は止めるための処置をしてあげましょう。巷ではしゃっくりの止め方は数え切れないほど存在すると言われてますが、赤ちゃんに対しては以下のような方法を試してみるとよいでしょう。

背中を軽くトントンする

しゃっくりが出る時は空気を飲んだ可能性がありますので、赤ちゃんを縦抱きにして背中を優しくトントンしたり、擦ったりしてあげましょう。もしこの時にタイミング良くゲップが出ると、赤ちゃんも楽になりますよ。

注意点としては、赤ちゃんの体に負担がかかるため強い力でトントンしないことです。また、しばらくやっても止まらない時は無理に続けず、一旦様子を見るようにしてください。

水分をあげる

水分を飲むことで喉の奥が刺激され、しゃっくりが止まる場合があります。あげるものは母乳のほか、ぬるめの白湯や麦茶が適しています。これらは一度に大量に飲ませるのではなく、必ずスプーンなどを使って少しずつ飲ませてあげてください。

体を温める

しゃっくりは寒さで体が硬くなっている場合にも出やすいので、温かいタオルやガーゼなどで赤ちゃんの首筋、お腹などを温めてあげましょう。また、オムツが濡れていることも体が冷える原因ですので、オムツはこまめにチェックし、必要があれば新しいものと交換してください。

大人と同じ止め方は避ける!

しゃっくりがなかなか止まらない時は「驚かせばよい」「水を一気に飲めばよい」などとよく言われていますが、赤ちゃんは体が未熟であるため、大人と同じ方法を用いることは避けてください。あまり効果も無く、ビックリして泣き出してしまう場合がほとんどです。赤ちゃんのしゃっくりを止めたい時は、上記に挙げた方法を時間を置きながら何度か試してみてくださいね。

このような時は病院へ!

普段赤ちゃんが頻繁にしゃっくりをするのは珍しいことではありませんが、しゃっくりをする際にぐったりしていたり吐き戻したりするようであれば、早めに医師の診察を受けてください。また、一般的に48時間以上継続するしゃっくりを持続性しゃっくりといい、この場合は脳や神経系統、内臓などに病気が潜んでいる可能性があります。赤ちゃんがしゃっくりを出し始めたら様子を気にかけておき、あまりにも長時間続く場合は医師に相談してください。

ほとんどのしゃっくりは問題ありません

赤ちゃんのしゃっくりはよく起こりますが、そのほとんどが心配の無いものです。中には病気のサインであるしゃっくりもありますが、この場合は明らかに長時間続くため、赤ちゃんの様子をよく観察することで対処できます。病院においても適切な処置が受けられますので、日頃から赤ちゃんの様子をしっかりと気にかけ、少しでもおかしいと思ったら受診してくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん