成長 赤ちゃん

赤ちゃんのお座りはいつから?なかなかできない場合に練習は必要?

2016/12/28

e509e85b8455d32eb5a9c254f30dae86_s

赤ちゃんは、成長するにつれて色々なことができるようになります。新しいことができた赤ちゃんを目にすると、とても嬉しくなりますよね。その中でも、お座りについては寝返りやハイハイと同様、いつからできるようになるのか気になっているママは多いようです。
今回は、赤ちゃんがお座りできるようになる時期や、お座りを始めた時の注意点、練習の必要性などをまとめました。

お座りができるようになる時期は?

赤ちゃんが自分で手をつくことなくお座りができるようになるのは、平均して生後8~9ヶ月頃です。ただ、成長のスピードは赤ちゃんによって様々ですので、他の子と比べて遅い場合でも心配する必要はありません。お座りができた時期の違いによって、成長後の能力に差は生まれないので安心してください。

赤ちゃんは、ゆっくりと段階を踏みながら少しずつお座りができるようになってきます。赤ちゃんがお座りにチャレンジし始めてからは、長い目で見てあげるようにしましょう。

お座りができるまで

赤ちゃんは、概ね生後6ヶ月頃からお座りの体勢をとるようになってきます。初めのうちは自分の手で支えていてもバランスを崩してしまいますが、1ヶ月程経つと腰が安定し、徐々に背中が伸びた状態のお座りへと変わっていきます。さらに1ヶ月経つと、手を全く使わなくても体を安定させることができるようになり、座った状態でおもちゃで遊ぶことが可能になります。このように、赤ちゃんがお座りを始めてからできるようになるまでは、2~3ヶ月程度が目安です。

お座りを始めたら注意すること

特にお座りを始めたての頃は、背中や腰の筋肉が十分に発達していません。このため、赤ちゃんが突如前かがみになったり後方にひっくり返りやすくなるので、目を離さないように注意しましょう。その他にも、テーブルやタンスなどの家具が近くにある場合は安全パットを取り付けたり、お座りしている赤ちゃんの後ろにクッションなどの柔らかいものを置いてあげると良いでしょう。

なお、クッションについてはU字型になっているタイプの授乳クッションが、赤ちゃんにフィットしやすいのでおすすめです。

お座りの練習は必要?

赤ちゃんがなかなかお座りをする気配が無いと、積極的にサポートをした方が良いのか悩むこともあるかと思います。お座りの練習自体は悪いことではありませんが、生後6ヶ月頃まではなるべく短時間にとどめてください。理由として、月齢が低いうちは赤ちゃんの筋肉が十分に発達しておらず、頻繁にお座りをさせると体に負担をかけてしまうからです。

お座りの練習をする際は赤ちゃんの後ろ側にまわり、脇の下から両腕を抱えてゆっくりと座らせてみてください。体が安定しないうちはすぐに手を離すことなく、お座りの感覚を赤ちゃんに体験させてあげるつもりで行いましょう。

赤ちゃんがお座りを嫌がる理由

場合によっては、お座りの練習をさせようとしても赤ちゃんが嫌がってなかなか体勢をとれないことがあります。理由としては、ママと離れること、体がグラグラして不安定であること、これまでの仰向けの状態からいきなり視界に入る景色が変わることなどから、お座りに対して恐怖心を抱いているためです。

いきなり床に座らせることが難しい場合、まずは赤ちゃんの不安を取り除くために、あぐらをかいた上にのせてあげましょう。そして、「今日はいい天気だね」などと優しく言葉をかけたり、一緒におもちゃで遊んだりしてあげてください。これらをしばらく行って赤ちゃんが少し慣れてきたようであれば、再度床の上などに座らせてみましょう。

また、オムツが汗ばんだり汚れていても、お尻の不快感からお座りを嫌がることがありますので、オムツチェックも忘れないようにしてください。

赤ちゃんによって個人差があることを忘れずに

赤ちゃんのお世話をしていると、他のママからお座りができたという声を聞くこともあるかと思います。「うちの子は大丈夫かな」と心配になりがちですが、お座りが出来る時期は赤ちゃんによってそれぞれであることを頭に入れておくと、気持ちも楽になりますよ。

お座りの練習をする時も、赤ちゃんがどうしても嫌がる場合は無理に続けないようにしてください。赤ちゃんは色々なことを吸収しながらゆっくりと成長していきますので、焦らずあたたかく見守ってあげてくださいね。

-成長, 赤ちゃん