ケガ・病気 赤ちゃん

赤ちゃんのお尻が赤い!原因と対策、関連した病気について

f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_s

いつものように赤ちゃんのおむつを替えようとしたところ、お尻が真っ赤になっていてビックリしたことはありませんか?
このほとんどは赤ちゃんによく見られる「おむつかぶれ」によるものであり、大抵は時間の経過とともに治りますが、稀に病気が原因で赤くなる場合もありますので注意が必要です。

今回は、赤ちゃんのおむつかぶれについて、原因と対処法、関連した病気などをまとめましたので、参考にしてください。

おむつかぶれの原因は?

赤ちゃんは大人と比べて皮膚が薄く、とてもデリケートです。お尻についても同様で、主に以下のような原因により、おむつかぶれを起こしてしまいます。

おむつの長時間の着用

多くの場合は、ウンチをした後のおむつをずっとつけていたことによるものです。

大抵の場合はすぐに取り替えていることと思いますが、たまたまお出かけやお昼寝の直前にウンチをしたことに気づかず、しばらくそのまま・・・といったパターンです。

この時、ウンチに含まれる細菌や酵素によってお尻の皮膚が刺激を受けてしまい、赤くただれてしまうのです。

特に赤ちゃんが体調を崩して下痢をしている場合は、ウンチに多くの水分が含まれていたり、お尻全体に広がってしまうため、より広い範囲がかぶれやすくなります。

この場合の一番の対策としては、おむつの状態をこまめにチェックし、汚れていればすぐ取り替えてあげることです。

おむつやお尻拭きとの摩擦

おむつは赤ちゃんのお尻にずっと触れているものです。特に寝返りやハイハイを始めるようになると、お尻とおむつが擦れることも多くなるため、皮膚が刺激を受けやすくなります。

また、おむつを取り替える際に市販のお尻拭きを使っている方も多いと思いますが、頻繁にお尻を拭いていると皮膚の表面がダメージを受け、そこからかぶれやすくなってしまいます。

汗や蒸れによるもの

赤ちゃんは大人と比べてとても汗っかきで、その分おむつの中も汗ばみやすくなってしまいます。

ウンチやおしっこをしていない場合は、しばらくの間おむつをそのままつけている状態が続きますので、汗で蒸れることによりお尻がかぶれやすくなってしまうのです。

おむつかぶれになった場合の対処法

赤ちゃんのお尻が赤くなっている場合は、こまめにおむつを替え、お風呂でしっかりと洗ってあげることが基本です。

これらの対処をするにあたって、意識しておく点もいくつかありますので、頭の中に入れておいてください。

お尻拭きで擦り過ぎない

お尻がかぶれている最中は、いつものように拭くとかぶれを悪化させたり、お尻からの出血を招いてしまうこともあります。

このため、お尻拭きを使う際は極力拭く回数を減らすために、汚れにしばらくあてて、少し柔らかくしてから拭き取ってください。

また、霧吹きにぬるま湯を入れて赤ちゃんのお尻に吹きかけると、ウンチが柔らかくなって何度もお尻拭きで擦る必要がなくなります。

霧吹きによってウンチおむつが濡れる心配がある場合は、洗面器にお湯を張り、そこでガーゼを濡らしつつ優しく拭いてあげると良いでしょう。

(昔はお尻拭きよりも、こうした肌触りの良いガーゼを濡らして、赤ちゃんのお尻を拭いていた親御さんが多かったように思います)

お風呂で洗うときのポイント

おむつかぶれにより赤くなったお尻は赤ちゃんにとって痛いものですが、大切なのはお尻を清潔にしてあげることです。

ですので、お風呂では泡立てた赤ちゃん用のせっけんを使って、優しく洗ってあげてください。

また、熱いお湯だとお尻への刺激が強いため、お尻を流す際は38~40度くらいのぬるめのお湯を使ってあげましょう。

湯船に浸かる時は赤ちゃんを横抱きにして、なるべくお尻がお湯に触れないようにしてあげてください。

お風呂上りはしっかりと保湿を

お風呂から上がった後はお尻の皮膚も清潔で、柔らかくなっています。このタイミングで市販のベビーワセリンなどを塗ることで肌の表面が油膜によって守られ、治りも早くなります。

お風呂上りにタオルで体を拭いた後、お尻全体にしっかりと塗ってあげましょう。

おむつかぶれではない、病気の可能性も

おむつかぶれは、軽いものであればワセリンなどを塗ってお尻を清潔にすることで、数日で治ることがほとんどです。

ですが、中には単なるおむつかぶれではなく、病気が原因でお尻が赤くなる場合もあります。

代表的な病気としては、以下のようなものが挙げられます。

カンジダ性皮膚炎

カビの一種である「カンジダ菌」に感染することで起こります。この菌は温度が高く湿っている場所を好むことから、赤ちゃんのおむつの中は繁殖しやすいので注意が必要です。

症状としてはお尻が赤くなるほか、皮がむけたり、ブツブツができたりします。

また、足の付け根のしわ部分など、お尻以外に症状が出ることも特徴のひとつです。

カンジダ菌は、抗真菌剤を含んだ塗り薬以外では効果が無いため、病院でしっかりと検査をしてもらうことが大切です。

肛門周囲膿瘍

1歳未満の赤ちゃんによく見られる病気で、おむつかぶれによって炎症を起こした皮膚が細菌に感染したり、直腸などからの炎症がお尻の皮膚にまで広がったりして起こります。

進行すると肛門の周囲が赤く腫れ、場合によっては膿をもってしまいますので、赤ちゃんはその痛みから機嫌が悪い状態が続きます。

腫れているだけであれば塗り薬の処方してもらい、経過観察することとなりますが、膿をもってしまうとその膿を取り出す手術が必要になる場合が多いです。

---------------------------------

これらの病気は、初めの症状がおむつかぶれとよく似ているため、見過ごしやすくなっています。赤ちゃんのお尻が赤い状態が長く続いたり、違う症状が見られた場合は、速やかに皮膚科を受診しましょう。

おむつかぶれの予防は毎日のケアから

赤ちゃんのお尻の皮膚はとてもデリケートなので、おむつかぶれを予防するためには、普段の生活の中で気にかけてあげることが大切です。

赤ちゃんのお尻を守るためにも、

●こまめにおむつを替える
●お尻は優しく拭いてあげる
●お尻を清潔に保つ
●ワセリンなどで保湿

などを意識して行うようにしてください。

また、万が一おむつかぶれを起こしてしまった場合でも、基本的には予防のための対策を根気強く行うことで快方に向かっていきます。

現在は治療薬も優れたものが開発されていますので、症状が長引く時はお医者さんの判断も仰ぎつつ、優しくケアをしてあげてくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん