ケガ・病気 赤ちゃん

赤ちゃんが熱を出す原因と対処法、病院を受診するタイミングは?

2016/12/27

55c20c8d07947b8771600cef7b0ff4ef_s

発熱とは、わきの下で体温を測った際に平熱より1℃以上高い場合をいいます。高い熱が続く時は深刻な病気が隠れているケースもあるため、注意深く経過を観察する必要があります。
今回は、赤ちゃんがどういった事が原因で熱を出すのか、熱を出している時にどういった対処をすればよいのか、まとめましたので参考にしてください。

赤ちゃんが熱を出す原因は?

赤ちゃんは、生まれてしばらくはママからもらった抗体によって守られていますが、この抗体が弱くなってくる生後6ヶ月頃からよく熱を出し始めます。その原因のほとんどが細菌やウイルスによる感染症であり、発熱はこれらの異物を排除しようとして起こっているものです。
熱を出す原因は多々ありますが、重要なのは熱以外にどのような症状がみられるかということです。赤ちゃんが熱を出している場合は、他の症状の有無をしっかりとチェックしましょう。

一般的に、発熱を引き起こす病気は以下のようなものが代表的です。

突発性発疹

ウイルスによる感染症で、ほとんどの赤ちゃんが1歳を迎えるまでに発症します。症状としては40度近い高熱が3~4日続き、熱が下がり始める頃に赤い発疹が全身に現れます。
熱と発疹以外に目立った症状が無いのが特徴ですが、高い熱によるけいれんや脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

水疱瘡

37~38度の熱が数日間続き、初期はお腹周りを中心に赤い発疹が出ます。これらはやがて全身に広がって白い水ぶくれとなり、強いかゆみを伴います。治療には、抗ウイルス剤やかゆみ止めなどが用いられます。

ヘルパンギーナ

乳幼児が発症しやすい感染症のひとつで、6月から8月にかけて流行します。主な症状としては38~40度の高熱が数日間続いた後、喉の奥(のどちんこのまわり)に直径数ミリの白い水疱が現れます。口の中に炎症が起こりますので、痛みにより物が飲み込み辛くなります。

原因となるウイルスを除去する特効薬は無いため解熱剤や点滴などの対症療法が基本ですが、これらの処置を行うことで4~5日程度で回復します。

インフルエンザ

冬場に流行し、感染すると突然の高熱や食欲不振、倦怠感などの全身症状が現れ、しばらくして咳やくしゃみ、鼻水などが出るようになります。各症状に応じた治療を適切に行うことで1週間程度で治りますが、赤ちゃんは肺炎や脳炎などの合併症が起こりやすいため、注意が必要です。

肺炎

細菌やウイルスなどが原因で肺の中に炎症が起こる病気です。肺炎の初期には発熱や咳などが見られ、風邪との区別がつきにくいため注意が必要です。赤ちゃんの呼吸が普段よりも速かったり、息苦しそうな状態が長く続いている場合は、肺炎の可能性もあります。

川崎病

全身の血管が炎症を起こす病気で、発熱や発疹のほか、手足のむくみ、唇や舌の腫れなど様々な症状が現れます。この病気の原因については様々な説が立てられていますが、未だに根本的な原因は判明していません。
治療としては、炎症を抑える免疫グロブリン療法や、ステロイド薬の投与が行われます。

流行性耳下腺炎

俗に言う「おたふくかぜ」で、耳の下あたり(耳下腺)が腫れる病気です。腫れは左右両方の場合がほとんどですが、まれに片側のみの場合もあります。解熱鎮痛剤を服用したり、湿布で患部を冷却することで治療を行います。大抵の場合、熱は3~4日、腫れは1週間程度で治まるケースがほとんどです。

熱を出した時の対処法は?

すぐに病院に連れて行ったほうが良い?

赤ちゃんが熱を出している場合、注目すべきは他の症状の有無と赤ちゃんの状態です。以下のような状態が見られる時は、すぐに病院や小児救急電話相談窓口に連絡しましょう。

●意識が朦朧としている
●けいれんや引きつけを起こしている
●嘔吐や下痢など消化器系の症状があり、水分が取れない
●呼吸が苦しそうにしている
●熱が5日以上続いている

特に、赤ちゃんは高熱により突然けいれんを起こす場合があります(熱性けいれん)。数十秒程度でおさまればそのまま様子を見てもかまいませんが、けいれんが長い時間(5分から10分以上)続いたり、繰り返し起こす場合は病院などに連絡してください。

おうちでできる対処法

●水分をあげる

熱が出ると体内の水分が不足しがちになります。母乳やミルク、常温の湯冷ましなどを小まめにあげましょう。

●体を冷やす

水で濡らして絞ったタオルなどで赤ちゃんの体を冷やしてあげます。冷やす場所としては、わきの下や首の後ろ、手首足首などが効果的です。
ただし、赤ちゃんは体温調節機能が十分に発達していないため、冷やし過ぎには注意しましょう。タオルをあてるのは長くても数分程度にしてください。

●部屋の温度や布団を調節

赤ちゃんがくしゃみをしたりして寒がっている時には、体が冷えないよう部屋を暖かくすることが大切です。
また、熱が上がりきると汗をかき始めるので、肌着を交換したり、赤ちゃんの手足を布団の外に出して熱を外に逃がしてあげましょう。

急な発熱には落ち着いて対処を

赤ちゃんが突然高い熱を出すと、戸惑ってしまうパパやママもいらっしゃることと思います。ですが、熱そのものによって赤ちゃんの体がおかしくなることはありません。

大切なのは、熱以外の症状と、赤ちゃんの様子をしっかりとチェックしてあげることです。
まずはおうちですぐにできる処置を行い、場合によっては病院に連絡するなどして、的確に対処してあげてくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん