健康 成長 赤ちゃん

我が子の血液型を知らない!急いで調べなくても大丈夫?

a5117a0b908ecd79a95052453ebd69a4_s
我が子がまだお腹の中にいる時や生まれた時、一体血液型は何型なのか、少し気になりますよね。

「パパが□型でママが□型だから、この子は□型だろう」と色々想像するのも楽しいものです。

ひと昔前は、赤ちゃんが生まれると先天性の病気が無いかすぐに調べており、その時に血液型を教えてもらえることがほとんどでした。

ですが、最近では採血はしても血液型の検査までは行っていない病院が多いため、入院中に血液型を教えてもらえることはほとんど無くなりました。

「子供の血液型を知らないまま退院したけど大丈夫なの?」

「いつか教えてもらえるの?」

などと不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、生まれてすぐ血液型を伝えなくなった背景には、ちゃんと理由がありました。

今回は、こうした子供の血液型についてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

血液型を調べなくなった理由とは?

なぜ、病院ではこれまでのように、血液型を調べなくなったのでしょうか。

その大きな理由が、赤ちゃんの時期に調べても、成長するにつれて変わる可能性があるからです。

少し詳しくお話しますと、本来血液型は、血液の成分のひとつである「赤血球」が関係しています。

「赤血球」とは、全身に酸素や二酸化炭素を運ぶ役割を担っている、赤色をした成分で、この赤血球にくっついている「抗原(こうげん)」という物質のタイプの違いにより、血液型は「A、B、O、AB」の四種類に分けられます。

しかし、この抗原が十分に成熟し終わるのは、概ね4歳頃と言われています。

つまり、生まれてすぐに検査をした結果よりも、4歳以降に検査をした結果の方が精度が高く信頼できるため、生まれた直後の血液型の検査は段々と行われなくなったのです。

血液型が必要になる時は?

このように四種類に分類される血液型ですが、これがとても大切になる場面があります。

それは、ケガや病気などの手術中に「輸血」をしなければならない時です。

このような場合、例えばA型の患者さんにO型の血液を輸血すると命に関わるため、とても深刻な問題になります。

このため手術の担当医は、手術前に患者さんの血液型の検査を必ず行っています。

患者さんの身内から、「この人はA型」などとあらかじめ伝えられていたとしてもです。

逆に言えば、例え血液型を知らない状態でこうした手術に直面しても、心配する必要は全く無いということです。

慌てて調べる必要は無い

これまで私は血液型といえば、性格と関連付けてみたり、血液型占いの結果に当てはめたりしていたぐらいです。

それも小学生頃の話で、それ以降は血液型を使って何かしたという記憶はありません。

このように、普段の生活で「血液型と常に隣り合わせ」ということはありませんので、仮に教えてもらわなかった場合でも、急いで検査を受ける必要は無いでしょう。

どちらの「苦痛」を選択するか

親御さんの中には、

「幼稚園や小学校に上がるタイミングで知っておきたい」

「提出する書類に血液型を記入する欄があった」

といった理由から、血液型の検査のみを受けに病院に行かれる方もいらっしゃるようです。

ご存知の通り、血液型を調べるには血が必要ですので、お子さんの血液型を知りたい場合、皮膚に注射針を刺して血を採らなければなりません。

ですが、小さな子供にとって、注射はとても恐怖を感じるものです。

先にも述べましたように、血液型は必ず知っておかなければならないものではないことから、わざわざ子供に痛い思いをさせてまで知ることに意味はあるのか、と考える人もいます。

考え方は人それぞれです。

知らなくて悶々とする苦痛か、お子さんに痛い思いをさせる苦痛のどちらを選ぶかは、最終的に親御さんの考え方にもかかってきます。

実際にお医者さんからも、「受けるかどうかは親御さんが決めてください」などと言われるケースもありますしね。

他の検査を利用する

これまで何度もお話してきましたが、血液型は絶対知っておかなければいけないものではありません。

逆に、血液型よりも優先的に知っておいた方が良いことは、いくつか存在します。

例えば、お子さんがアレルギーを持っているかどうかです。

アレルギー反応は、特定の食物を摂取したり、空気中の塵や埃、花粉などに反応して起こり、重症化すると命にも関わるため、近年検査を受けられる方は多くなっています。

また、発熱や鼻水、くしゃみなどの症状が何日も見られ、既にアレルギー反応が疑われる場合にも、検査の必要性はグッと上がります。

このアレルギー検査では、ほとんどの場合採血が行われるため、同時に血液型も分かります。

このように、血液型を調べるためだけに採血してもらうのではなく、必要な別の検査で採血したら血液型もわかったというのが理想かな、と個人的には思います。

--------------------------

余談ですが、血液型は「献血」で血液を採取した時もすぐに分かります。

しかも病院での検査と違って無料です。

献血で採取する血液の量は主に200mlと400mlがあり、このうち200mlは男女とも16歳になればできますので、お子さんの健康に問題が無いようでしたら、足を運んでみるのも一つの方法です。

血液型は知らなくても問題ないものです

今回は血液型についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

血液型を知るべきかそうでないかについては、個人の考え方によるところが大きいため、様々な意見もあるかと思います。

ただ、知るためには本格的に医療機関に出向く必要がありますし、必ず知るべきことでもありません。

これまで、我が子の血液型を取り合えず知りたいという方がいらっしゃいましたら、ひと呼吸おいて再考して頂ければと思います。

-健康, 成長, 赤ちゃん