健康 授乳関連 赤ちゃん

授乳中のコーヒーや紅茶は何杯までオーケー?与える影響も含めて考えてみた

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s
嗜好品の仲間であるコーヒーや紅茶。その独特な味や香りを好んで、日常的に飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、母乳育児に突入した際に、周囲から「赤ちゃんに影響を与えるから良くないよ」と言われ、控えざるを得なくなったケースもあるかと思います。

確かに、含まれる成分に注意しなければならないのは事実ですが、頭では分かっていても、これまで習慣にしていたものを完全に止めるのも辛いですよね。

今回は、授乳中におけるコーヒーや紅茶の摂取について、影響の有無や飲んでも良い量などをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

授乳中に控えるのはなぜ?

そもそも、なぜ授乳中は、コーヒーや紅茶を制限しなければならないのでしょうか。

それは、これらに「カフェイン」という成分が含まれているからです。

カフェインは脳を刺激する作用があるため、眠気が覚めたり、集中力がアップするといったメリットがありますが、多量に摂取すると興奮して眠れなくなったり、落ち着きがなくなるなどの症状が現れます。

特に赤ちゃんは、カフェインの影響を大人の何倍も受けやすく、例え大人にとって問題ない量であっても、その影響から寝つきが悪くなったり、不機嫌になりやすくなります。

母乳育児の最中にママが摂取したカフェインは、母乳を通じて少なからず赤ちゃんの体内に取り込まれるので、普段日常的にカフェインを含む飲料を飲んでいる場合は制限すべき、となっているのです。

止めるのではなく適量を心がける

では、本当にカフェインを含む飲料を全く飲まない方が良いのでしょうか。

これは結論から言えば、飲むのを完全に止める必要はありません。

確かに、完全に飲むのを止めると赤ちゃんの体内には入らないので安全ではありますが、これまで好んで飲んでいたものですから、キッパリ止めると、逆にママのストレスにもなってしまいます。

ですのでポイントは、例え赤ちゃんの体内に取り込まれても影響が現れないとされている範囲内で飲むことです。

では、その影響が現れない量とはどのくらいなのでしょうか。

これについて、食品の安全性について科学的な情報提供を行っている「欧州食品安全機関(EFSA)」は、次のように発表しています。

授乳中の女性の場合、1日あたり200ml以下であれば、深刻な影響を与えることは無い。

ちなみにコーヒーと紅茶それぞれ100mlあたりに含まれるカフェインの量ですが、概ね下記に示す量となっています。

●コーヒー・・・60ml

●紅茶・・・30ml

これらを踏まえると、例えば1回に飲むコーヒーの量が100mlであれば、単純計算で1日3杯が限度と言えます。

ただ、1回に飲む量は入れる容器によってかなり差があります。

普段大きめのマグカップで飲んでいるようでしたら、3杯だと多いかもしれません。

自分が普段どれくらい飲んでいるかを把握して、上記の量におさまるように調節していただければと思います。

赤ちゃんの様子も気にかけよう

前述しましたように、体に良くないと言われるカフェインでも基準を下回る量であれば、赤ちゃんへの影響は無いと言われています。

ただ、赤ちゃんによって体質は様々ですので、例え少量のカフェインであっても、体調に変化が現れるケースもございます。

ですので、授乳中にコーヒーなどを飲む場合は赤ちゃんの様子にも目を配り、普段と変わった様子が見られないか気にかけておいてください。

もしも、コーヒーなどを飲み続けている最中に赤ちゃんの寝つきが悪かったり、ぐずったりする状態が続く場合、摂取は控えた方が良いでしょう。

つい摂りがちな「糖質」にも注意

コーヒーや紅茶にカフェインが含まれていることによる影響はよく話題となりますが、他にもつい摂りがちになるのが「甘いもの」です。

例えば、コーヒーなどに砂糖やガムシロップを入れて飲んでいたり、お供としてクッキーや菓子パンをつまんでいる場合は、その頻度もなるべく落とした方が良いでしょう。

というのも、授乳中において甘いものの摂り過ぎが招く影響として、下記のようなものが挙げられるからです。

●母乳がドロドロになり、詰まりやすくなる

●母乳が甘ったるくなる

●生活習慣病のリスクが上がる(高血圧や糖尿病など)

●虫歯リスクが上がる(疲れがたまりやすいため、そのまま寝てしまうことも多いため)

母乳がドロドロになると乳首からスムーズに出てこなくなるので、その分赤ちゃんは吸う力を必要とします。

しかし、生まれて間もない赤ちゃんはまだ吸う力が強くないため、結果的に母乳を十分に飲めない状態に陥ってしまいます。

完全に止める必要はございませんが、もし日常的に「コーヒー+クッキー」などの組み合わせが好きな方は、赤ちゃんに授乳しているということを意識して、量を減らすなどしてみてはいかがでしょうか。

無理に我慢せず上手に付き合おう

授乳中だからといって、コーヒーや紅茶を絶対に飲んではいけないというわけではありません。

お話してきましたように、我慢すると逆にそれがストレスとなり、育児中の疲れとも重なって、心身ともに疲弊してしまいます。

大切なのは、

●摂取しても良い量と自分が普段飲んでいる量を知り、飲み過ぎないよう意識する

●赤ちゃんの様子に変化がないか注意して見守る

ことです。

赤ちゃんのお世話で慌ただしい日々の中でも、好きなものでリラックスする時間は必要です。

摂取量には注意しつつ、これまで通り好みの味を楽しんでくださいね。

-健康, 授乳関連, 赤ちゃん