健康 赤ちゃん

赤ちゃんにホットカーペットは危険?上手な使い方とは?

561fab3d3a20919d1e3666a7bf207b3b_s

冬は暖房器具が大活躍する時期です。寒い部屋を暖めたり、体の冷えを解消させるには便利なアイテムですよね。
赤ちゃんがいるご家庭でも暖房器具を揃えている場合がほとんどだと思いますが、使い方によっては赤ちゃんの体に負担をかけたり思わぬ事故を引き起こす可能性があるため、注意して使用する必要があります。

今回は、数ある暖房器具の中でもホットカーペットに焦点を定め、赤ちゃんへ与える影響や、上手な使い方などをまとめましたので参考にしてください。

大人目線で使用すると怪我などの原因に

ホットカーペットは直接体が触れるものですから、ストーブやファンヒーターほど熱くはなりません。

仮にストーブやファンヒーターを設置している場合、やけど防止のため赤ちゃんを近づけないようにしたり、時間を決めて換気をしたりと気を配ることが多いですが、ホットカーペットの温度は人肌に近いため、つい「赤ちゃんも心地良いだろう」と思ってしまいがちです。

ですが、赤ちゃんは大人と比べて皮膚が薄く、外部の刺激による影響を受けやすくなっているため、こういった思考は怪我や事故を招く原因となってしまいます。

何事においてもそうですが、ホットカーペットについても大人の感覚で使用することは避けるようにしてください。

赤ちゃんの体温について

赤ちゃんは、私たち大人と比べて基礎体温が高く、汗もよくかきますので、どちらかと言えば寒さ対策よりも、暑さ対策の方を気にかけてあげることが大切です。

よくある例が、赤ちゃんの手足を触った際にひんやりしていると、とても寒がっているのではないかと心配になり、とにかく部屋を暖めてしまうケースです。
例え手足が冷たくても、赤ちゃんのお腹や背中を触ってみて温かければ大丈夫です。

なぜ赤ちゃんの手足は冷たいのか

私たちの体温の調節は、脳内の「視床下部」という器官が担っており、周囲の気温によって体温が変化すると、この器官がその情報を受け取り、体に指令を出すことで体温が上昇したり下降したりします。

このようにして、私たちの体温はうまく調節され、ほぼ一定に保たれています。

赤ちゃんはこの体温調節機能がまだ十分に備わっていないため、手足の先まで温まりにくく、どうしても冷たくなってしまうのです。

ですが、寒い時は赤ちゃんの手足の細かい血管が収縮し、熱を外に逃がさないようにしています。体温調節機能が十分ではない代わりに、赤ちゃんの体も別の形で頑張っているのです。

ホットカーペットがダメなわけではない

一般的に、ホットカーペットによって引き起こされる可能性が高い赤ちゃんの症状としては、

●体の同じ部位が長時間ホットカーペットに触れるすることで起きる「低温やけど」
●体温が上昇することによる「熱中症」
●熱により体内の水分が不足することで起こる「脱水症状」

などが挙げられます。

こうしたことから、ホットカーペットは避けるべきだといった声を耳にしますが、ママさんによっては出産直後で体調が不安定であったり、元々体が冷えやすい方もいらっしゃることと思います。ご家庭によっては頂き物のホットカーペットだったり、両親から譲り受けたケースもあるでしょう。

確かに、ホットカーペットが赤ちゃんに与える影響や危険性は存在しますが、これは暖房器具やその他の家電についても同様です。総じて言えるのは、上手に使えば心配は不要ということです。

そのためには、下記のような点を意識すると良いでしょう。

ホットカーペットを使う際に気にかけること

温度は低めに設定する

ホットカーペットは温度設定を最大にした場合、表面が概ね45~50度まで上昇します。この状態で使うと赤ちゃんが低温やけどを引き起こす可能性がかなり高くなるため、設定は中くらいで十分です。ポイントとしては、寒さを和らげる目的で使うと自然と設定温度も低く抑えられます。

また、部屋を暖めるためには部屋の「空気」を暖める必要があります。これに関してはエアコンが最適ですので、そちらも組み合わせてうまく使うようにしてください。

寝んねの時はお布団で

最も注意が必要なのが赤ちゃんがお昼寝をする時です。ホットカーペットの上に布団を敷いて、その上に赤ちゃんを寝かせると、布団の中に熱がこもるので熱中症の原因となります。例えスイッチを切ったとしても、しばらくはホットカーペットの熱が残っていますので油断は禁物です。

お昼寝の際は、初めからホットカーペットが無い部屋に敷いたお布団で寝かせる習慣をつけましょう。

遊び場は別にエリアを設ける

赤ちゃんが遊びに夢中になっていると、どうしてもその場から動かないことが多くなります。このため、赤ちゃんのオモチャはホットカーペットの上ではなく、別のスペースに置いてあげるようにしましょう。

まだハイハイを始めたばかりの赤ちゃんであれば、たたみ1~2畳分確保できれば十分です。

赤ちゃんの遊び場がフローリングの場合、柔らかい組み立て式のマットを敷いてあげると、お尻が冷えずに済みますよ。

ホットカーペットは少しの気遣いと工夫が大切

ホットカーペットに限った話ではありませんが、何事も使い方によって快適な物になったり、危険な物になったりします。赤ちゃんがホットカーペットでやけどなどの怪我を負ってしまったケースを見てみると、防止のための対策が疎かになっていた場合が本当に多いです。

じんわりと体を温めてくれるホットカーペットは、寒い冬を過ごすためにはとても便利なものです。注意すべきことをしっかりと意識しながら対策を行い、家族皆で楽しい冬を過ごしてくださいね。

-健康, 赤ちゃん