ケガ・病気 成長 赤ちゃん

赤ちゃんや幼児の発達障害とは?種類ごとの対応策は?

2016/12/29

79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_s

普段子供と接している中で、「少し成長が遅れているのかな」と感じたことはありますか?成長のスピードは子供によって様々ですが、中には発達障害が原因で成長に遅れがみられることもあるため、注意して経過を見守る必要があります。
今回は乳幼児期の発達障害の種類と、改善するためにどのような訓練方法があるのかをまとめましたので、参考にしてください。

発達障害とは

発達障害とは、脳機能が十分に発達していないことによって起こる疾患で、対人関係やコミュニケーション、学習などに支障をきたしたり、行動に特徴が見られたりします。一般的には、症状の違いによって以下のように分類されています。

広汎性発達障害

他者との関わりなど、社会性に関する能力に遅れが見られるもので、主に「自閉症」と「アスペルガー症候群」が含まれます。

自閉症

コミュニケーション能力、対人関係、想像力が欠如している発達障害です。耳から入ってきた情報を自分の中で整理することが苦手なため、言葉を上手く話せなかったり、慣れない環境に対してパニックを起こしたりします。また、ずっと同じ場所にいたり同じおもちゃで遊ぶなど、物事に対して強い「こだわり」も見られます。

そのほか赤ちゃんに現れやすい症状としては、あやしても笑わない、後追いをしない、抱っこを嫌がる、人見知りをしない、などがあります。

アスペルガー症候群

自閉症の症状のうち、言葉の遅れがほとんど見られず、コミュニケーション能力の障害も軽いものをアスペルガー症候群といいます。ある程度の会話はできますが、集団行動が苦手で他の子供とあまり関わらず、自分の興味がある物事に没頭する傾向があります。赤ちゃんの時期に見られる症状については、自閉症とほぼ同じです。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

不注意、多動性、衝動性の三種類があり、物事に集中できなかったり、常にそわそわして落ち着きがないなどの症状が見られます。約束などもすぐに忘れてしまう反面、周囲への気配りを進んで行うことも特徴のひとつです。

学習障害(LD)

読み書きや計算を行ったり、相手に自分の意見を話したりすることに支障をきたす発達障害です。知的に遅れているわけではないため、出来ないことがあると、自ら別の方法を用いて対処しようとします。

発達障害への訓練・対応策は?

上記に挙げた発達障害はそれぞれ症状が異なるため、以下に示すように対応方法も異なります。一般的に3~4歳頃から訓練を行うことで、早い段階で症状の軽減が見られることが多いですが、いずれの場合も決して無理強いはせず、ゆっくり時間をかけて行うことが大切です。

広汎性発達障害

この発達障害の場合、言葉で説明しても理解することが困難であることが多いため、写真や絵など、目で見てわかるものを使って説明する方が効果的です。説明の際には「少し」などといった曖昧な表現ではなく、「何個、何番目」などのように具体的に伝えてあげましょう。また、自閉症やアスペルガー症候群の特徴として、強い光や大きな音を嫌がることが多いので、日常の中ではこれらの刺激を避け、安心感を与えてあげてください。

もし間違ったことを指摘する際は、「○○してはダメ!」と否定的に伝えるのではなく、「ここは○○するところだよ」と肯定的に伝え、上手く出来た時は褒めてあげることも大切です。一度にたくさんのことは習得できませんので、最初から完璧を目指すことなく、粘り強く教えてあげましょう。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

対処法としては広汎性発達障害の場合と類似していますが、この発達障害は物事に集中出来ないケースが多いことから、周囲の音や光など、集中力を妨げるものを極力排除する環境を整えてください。また、一度伝えた約束を間を置いて再度伝えることで、段々と忘れにくくなってきます。

学習障害

この発達障害においては、ご家庭のみならず、教育現場における支援も必要です。読み書きが苦手な場合は音声で伝えたり、一緒に字をなぞったりして少しずつ出来ることを増やしていきます。

計算が苦手な場合、はじめのうちは多くの問題を解かせるのではなく、一問にゆっくり時間をかけて取り組みましょう。教える際は数直線などの図を用いて、なるべく答えに至るまでの過程も説明することが大切です。

発達障害は長い目で見よう

ひとくちに発達障害といっても、症状の現れ方やその度合いはひとりひとり違います。いずれの場合も大切なのは、パパやママをはじめとする周囲の人達が時間をかけて見守ってあげることです。

成長するにつれてたくさんのことが出来るようになり、問題なく日常生活を送っている方は数多くいらっしゃいます。時には行政の支援センターや相談窓口なども活用し、末永くサポートしてあげてください。

-ケガ・病気, 成長, 赤ちゃん