ケガ・病気 赤ちゃん

赤ちゃんもかかりやすい!はしかの症状と対処法について

2016/12/27

8ec5f85fdf26286419699e5a2da6cf5b_s

麻疹(はしか)は、かつて誰もが一度はかかると言われていたほど感染力の強い病気です。悪化すると従来の症状に加え、肺炎や中耳炎などの合併症も起こりやすくなるため、はしかと診断されたら注意深く経過を観察することが大切です。
今回はそんな「はしか」の症状やご家庭での対処法などをまとめましたので、参考にしてください。

はしかとは

はしかウイルスが原因で発症するもので、患者の咳やくしゃみによってうつります。赤ちゃんは生まれてしばらくの間はママからもらった抗体がありますが、これが減少し始める生後6ヶ月頃からかかりやすくなります。
はしかに一度かかると免疫ができるため、二度とかかることはありません。ワクチン接種の普及により乳幼児の患者数は減少しましたが、代わりにワクチンの効果が弱まってきた大人の患者数が目立つようになりました。

どのような症状?

ウイルスに感染すると、10日前後の潜伏期間を経て咳やくしゃみ、37~38度の発熱などが見られ、次第に目の充血や目ヤニなども現れてきます。熱が出て3日程過ぎると、頬の裏側(口の中)の粘膜に1mmから2mmくらいの白い斑点ができるようになります。この斑点はコプリック斑と呼ばれ、はしかの特徴のひとつです。
熱は発症後3~4日程度でいったん治まりますが、そこから1日も経たないうちに再び上がり始めます。この時は39℃近くの高い熱が出る場合が多いです。同時に、顔や首を中心に赤い発疹が現れ始め、隣同士の発疹がくっついて様々な大きさの発疹が見られるようになります。
この発疹はやがて全身に広がりますが、そこから数日経つと熱は下がり始め、徐々に回復に向かっていきます。

どのような対処をすれば良い?

現在、はしかウイルスの特効薬は無いため、基本的に各症状に応じた対症療法を行っていきます。おうちでは、赤ちゃんが過ごす部屋の湿度を60%程度に保ち、冬場であれば暖房器具などを使用して温かくしてください。
発症すると特に熱が高くなりますので、小まめに水分をあげたり、冷たいタオルで赤ちゃんのおでこを冷やしてあげましょう。この時にあげる飲み物としては、母乳やミルク、湯冷ましや赤ちゃん用のイオン水など、刺激の少ないものが適しています。高熱により頻繁に汗をかくためお風呂に入れてあげたい気持ちもあるかと思いますが、基本的に症状が治まるまでは入らない方が良いでしょう。その間は、温かいタオルなどで赤ちゃんの体を拭いてあげてください。
また、投薬に関してはお医者さんの判断で行っていきますので、病院に連れて行く前に独断で薬を飲ませないようご注意ください。
はしかは体力の消耗が激しい病気であるため、治った後もしばらくは外出を控え、おうちの中で遊ぶようにしましょう。

はしかを予防するためにできること

ワクチンを接種する

1歳になると、麻しん風しん混合ワクチンの接種を無料で受けることができます。赤ちゃんが1歳の誕生日を迎えたら、なるべく早めに受けておきましょう。
なお、赤ちゃんを早くから保育園に預けているご家庭では、ワクチンを接種する前にうつらないか心配になる方もいらっしゃるかと思います。こういった場合、有料にはなりますが1歳になる前に接種することもできます。
ただし、赤ちゃんがママからもらっている抗体によってワクチンの効力が下がりますので、この場合は1歳を過ぎてからもう一度接種しておいた方が良いでしょう。

症状を軽く済ませる注射「ガンマグロブリン」

兄弟姉妹など赤ちゃんの身近にいる子供がはしかにかかった場合は、赤ちゃんもウイルスに感染している可能性が極めて高いです。ガンマグロブリンとは、感染が疑われる場合の発症を防ぐために作られた薬で、はしかにかかっている子供と接触した日から1週間以内に注射することで、発症したとしても軽い症状で済むことが多いです。
しかし注射の効力は1ヶ月程度しかもたないため、予防効果が高いのはやはりワクチンを接種することでしょう。

早めに病院へ

はしかは特有の症状もありますが、初期には咳や発熱などが現れるため、風邪だと思って病院に行ったらはしかだったケースもあるようです。普段から赤ちゃんの様子を気にかけておき、いつもと様子が違うと感じたら早めに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん