ケガ・病気 赤ちゃん

赤ちゃんが鼻水やくしゃみを出す原因と対処法は?病院へは連れて行くべき?

2016/12/28

ff7e0d1a4bb50859dcf73e3a41e21460_s

赤ちゃんが鼻水やくしゃみを出す原因には様々なものがあります。深刻なケースではないものがほとんどですが、中には病気が隠れていることもあるため、たかが鼻水と甘く見ることなく注意して経過を観察する必要があります。
今回は、赤ちゃんが鼻水やくしゃみを出す原因と対処法、病院へ連れて行ったほうが良いパターンなどをまとめました。

赤ちゃんは鼻水やくしゃみが出やすい

赤ちゃんは、大人と比べて鼻の粘膜がとても敏感です。また、鼻の中に生えている鼻毛は細かいホコリなどの進入を防いでいますが、成長途中である赤ちゃんはこの鼻毛もほとんどありません。こうしたことから、大人が反応しない細菌やウイルス、気温の変化などにも敏感に反応してしまい、結果として鼻水やくしゃみが出やすくなるのです。

鼻水やくしゃみが出る原因

本来、鼻水やくしゃみは体内への異物の侵入を防ぐ防御反応です。そのため原因としては様々ですが、主に下記のようなものがあげられます。

風邪の引き始め

原因となるウイルスが体内に侵入することで引き起こされ、特に初期症状としてよく見られます。この時の鼻水は無色透明でさらさらしていますが、症状が進むにつれてウイルスの死骸などを含むため粘り気のあるものに変わっていきます。風邪が疑われる時は、鼻水やくしゃみ以外にも症状が現れることが多いため、赤ちゃんの様子を注意して見守る必要があります。

アレルギー反応

赤ちゃんに発熱や咳などが見られないにもかかわらず、長期に渡ってくしゃみをしている場合は、アレルギーを引き起こす物質に反応している可能性があります。これらの物質には、花粉、犬や猫などの動物の毛、ホコリやダニなど様々なものがあり、くしゃみ以外では無色透明の鼻水や涙、目ヤニなども見られます。

気温の急激な変化

暖かい場所から急に寒い場所に移動した時に、鼻の粘膜が刺激されて鼻水やくしゃみが出ることがあります。この場合の鼻水も風邪の引き始めと同じく、無色透明でさらさらしています。

鼻水がさらさらしている場合は鼻から流れ落ちやすく、赤ちゃんの口元や衣服が濡れてしまう原因となるのでこまめに拭いてあげましょう。一般的に、気温差が原因である場合は時間の経過とともに治まってきますので、特段心配する必要はありません。寒い場所では赤ちゃんの防寒対策をしっかりとしてください。

長引く鼻水は副鼻腔炎の原因に

副鼻腔炎とは、顔の内側にある副鼻腔と呼ばれる空洞の中に細菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう病気です。発症すると、黄色や緑色っぽいネバっとした鼻水や、鼻づまり、頭痛、中耳炎など様々な症状が現れます。副鼻腔炎の原因は、ほとんどが風邪による鼻水が長引いたことによるものですので、こまめに鼻水をかみ、鼻の粘膜を清潔にすることが大切です。

こんな時は病院へ!

赤ちゃんの鼻水やくしゃみのほとんどは一時的なものですが、あまりにも長引く場合は一度お医者さんに見てもらってください。特に鼻水については、黄色や緑色をしたものが一週間以上続く場合、副鼻腔炎や蓄膿症にかかっている可能性もあります。これらの病気は放っておくと炎症がどんどん進行するため、早めに対処することが必要です。

その他にも、赤ちゃんが咳や発熱などの症状を伴っていたり、鼻づまりにより呼吸が苦しそうな時も病院を受診してください。場合によっては鼻水を吸引してもらえるので、とても楽になりますよ。

おうちで出来る対処法

赤ちゃんの鼻水やくしゃみは、周囲の環境にとても左右されます。これらを予防したり緩和させるためには、おうちの中の環境にも気を配ることが大切です。

部屋を掃除する

空気中のホコリや寝具に潜んでいるダニが、赤ちゃんの鼻水やくしゃみの原因となることはとても多いです。赤ちゃんが過ごす部屋の床やカーペットは、定期的に掃除機をかけましょう。

また、ママや赤ちゃんが使っている布団も天気の良い日は外に干して乾燥させてください。布団と床などの間には湿気が溜まりやすいため、朝起きて敷いたままにしておくとカビが生えてしまう原因にもなりますので注意してください。

部屋を加湿する

湿度が低いと細菌やウイルスの活動が活発になり、風邪などにかかりやすくなります。普段赤ちゃんが過ごす部屋においては、濡れたタオルを干したり加湿器を用いたりして、湿度を50~60%に保つようにしましょう。特に冬場は夏に比べて空気が乾燥しやすいため、注意が必要です。

また、赤ちゃんの鼻詰まりが酷い時は温かいガーゼを鼻のまわりにあてたり、ゆっくりとお風呂に入ることによって、固まった鼻水が柔らかくなりますよ。

赤ちゃんの様子を見て早めの対処を

赤ちゃんにとって鼻水やくしゃみは日常茶飯事であるため、大丈夫だろうと見過ごしてしまいがちですが、病気のサインを発する場合もあることを忘れないようにしましょう。ただ、仮に耳や鼻の病気であったとしても適切な治療を受けることで治癒しますので、過剰に身構える必要はありません。

大切なのは、普段から赤ちゃんの様子をしっかりと気にかけておくことです。赤ちゃんのちょっとした変化にも気づきやすいので、日常生活の中でしっかりとスキンシップを取ってあげてくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん