授乳関連 赤ちゃん

赤ちゃんのゲップを出す方法と注意点は?毎回出なくても平気?

2016/12/28

e31f6e80f07862d4e4159114c3159ca0_s

赤ちゃんが生まれたらすぐに授乳が始まります。初めての赤ちゃんの場合、不慣れなこともたくさんあって大変だとは思いますが、特にあげ終わった後にゲップをさせるのが難しい!といったママさんが多いようです。
今回は赤ちゃんのゲップの出し方、出ない時の注意点や対処法などをまとめました。

ゲップが必要な理由

赤ちゃんが母乳やミルクを飲んでいる時は、一緒に空気も飲み込んでしまうことがあります。この空気がお腹の中に溜まったままだと、お腹が圧迫されて苦しくなったり、飲んだ母乳やミルクを吐き戻したりする可能性が高くなります。
ゲップは、赤ちゃんのお腹から空気を排出する役割を担っており、母乳などをスムーズに消化するために必要なのです。

赤ちゃんのゲップを出す方法

産婦人科などでも教わったかと思いますが、基本的な方法としてはまず赤ちゃんを縦向きに抱っこします。そして、ママの片腕で赤ちゃんのお尻を支え、赤ちゃんの胸付近がママの肩にもたれるようにしましょう。この形ができたら、もう片方の腕で背中を軽くトントンしてください。トントンする以外には、背中から首にかけて上下にさする方法もあります。
この時ゲップと一緒に飲んだものを吐いてしまうこともありますので、肩にはガーゼなどを敷いておくと良いでしょう。

ゲップがすぐに出ない時は、一度お布団に横に寝かせた後、再度縦抱きにしてトントンしてみましょう。赤ちゃんの体勢が変化するため、ゲップが出やすくなります。

ゲップが出ない時の注意点と対処法

赤ちゃんがすぐゲップを出してくれればいいですが、場合によってはしばらくトントンしてもなかなか出ないこともあるでしょう。ですが、この時絶対に力を入れてトントンしてはいけません。赤ちゃんの体に大きな負担がかかってしまいます。
ある程度続けても出なければ、無理に出そうとする必要はありません。最終的にお腹の中の空気はおならと一緒に出て行きますし、そもそも赤ちゃんが母乳を上手に飲めたため、空気がほとんど入り込まなかった可能性もあります。

ただし、ゲップが出なかった場合にすぐ赤ちゃんを仰向けに寝かせるのは避けてください。万が一ゲップをして飲んだものが一緒に出てしまった場合、気管に入り込んでしまうので危険です。すぐに寝かせる時は、赤ちゃんのお腹の右側が布団側にくるように、やや横向きにしてあげましょう。丸めたタオルなどを赤ちゃんのお腹に挟み、少し傾斜をつけてください。こうすることでゲップも出やすくなりますし、お腹の右側には腸へつながる管がありますので、飲んだものがスムーズに消化されやすくなります。

ゲップを出したほうが良いのは、授乳後も赤ちゃんの機嫌がずっと悪く、お腹を触ると張りが見られるような場合です。少しの間、横向きに寝かせることと、抱っこしてトントンすることを繰り返してみてください。

ゲップをする前に吐いてしまう時は?

赤ちゃんが母乳やミルクを飲んだ直後、ゲップを出す体勢に移る前にこれらを吐いてしまうことがあります。その原因のひとつに、赤ちゃんの胃の形が関係しています。赤ちゃんの胃は入り口の締まり具合がまだ十分ではないため、一度にたくさんの量を飲むとあふれてしまう場合が多いのです。

吐く量がスプーン1~2杯程度であれば問題ありませんが、高い頻度で噴水のように大量に吐く場合は、幽門狭窄症(胃と十二指腸がつながる部分である幽門が、何らかの原因によって狭くなる病気)の可能性もあります。こういった症状が見られたら、すぐに病院を受診しましょう。

出ないときでも深く考えないことが大切

ゲップを出すことは飲んだものの消化を促進するために必要ではありますが、授乳後に毎回出ないからといって深刻に受け止める必要はありません。ゲップが出なくても赤ちゃんの機嫌が良く、母乳やミルクをいつもどおり飲んでいるようなら特段心配する必要は無いでしょう。
赤ちゃんが自分でゲップをできるようになる時期はあっという間にやってきます。あまり気負い過ぎず、一緒に楽しむつもりで手伝ってあげてくださいね。

-授乳関連, 赤ちゃん