ケガ・病気 乳幼児

乳幼児がかかりやすい気管支炎!症状と治療法、おうちでのケアについて

2016/12/28

3ebe8cf4af74e0d34766e85f3e037259_s

赤ちゃんや就学前の子供は大人と比べて免疫力が十分ではないため、風邪をひきやすくなっています。風邪は薬を飲んで安静にしていれば治りますが、場合によっては風邪から気管支炎を起こすことがあります。気管支炎は呼吸に影響を与えてしまうため、1日でも早く良くなって欲しいですよね。
今回はそんな気管支炎について、症状や治療法などをまとめましたので参考としてください。

気管支炎とはどのような病気?

私たちが口から吸い込んだ息は、喉の奥の気管から左右に分岐している「気管支」を通って両側の肺に入ります。気管支炎とは、この気管支が炎症を起こす病気で、大きく次の2種類に分けられます。

急性気管支炎

風邪をひいた時に併発しやすく、発症すると激しい咳や痰、発熱などが現れます。細菌やウイルスが気管支に付着して炎症を起こすことが原因で、乳幼児がかかる気管支炎のほとんどはこのタイプです。
原因となる細菌には百日咳菌やマイコプラズマ、ウイルスにはアデノウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルスなどがあります。

慢性気管支炎

アレルギー物質やタバコの煙などが原因で発症する気管支炎で、痰が絡んだ咳が数ヶ月、長いと数年もの間続きます。
このタイプの恐ろしいところは肺炎に移行しやすい点です。肺気腫とともに「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」のひとつとなっており、長引く咳によって肺機能が徐々に低下していくと言われてますので注意が必要です。

赤ちゃんは要注意!細気管支炎とは

細気管支炎(さいきかんしえん)は、気管支よりもさらに奥深くの「細気管支」にウイルスなどが入り込んで発症する気管支炎です。特に2歳未満の赤ちゃんがかかりやすく、空気の出入りが妨げられることで呼吸困難を引き起こしやすいため、赤ちゃんが苦しそうに呼吸をしていたらすぐに病院を受診する必要があります。

気管支炎は激しい咳が特徴

気管支炎にかかると初めのうちは鼻水、くしゃみ、微熱など風邪の諸症状が見られます。次第に「コンコン」と乾いた咳が顕著に現れてきますが、症状が進むと痰の絡みも酷くなるため「ゴホゴホ」という湿っぽい咳に変わります。また、子供は大人と比べて気管支が狭いので、少し炎症を起こしただけでも呼吸に大きな影響を与えてしまいます。このため、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった喘息のような音(喘鳴)が現れやすくなります。

発熱に関しては、特に赤ちゃんが38度以上の高熱を出しやすいため注意が必要ですが、場合によっては微熱であったり、発熱自体を伴わないケースもあります。

気管支炎の治療法

気管支炎の治療は、各症状に応じた対症療法が基本です。症状の緩和には解熱剤や痰が切れやすくなる薬、気管支拡張剤などが用いられるほか、細菌が原因である場合は抗生物質の投与も行われます。眠れないほど酷い咳が続いたり、脱水症状や呼吸困難を起こしている場合は入院による治療を行っていきますが、症状が比較的軽い場合はおうちで安静にすることで、1週間程度で良くなってきます。

おうちでもしっかりとケアを!

気管支炎は、長引く咳により呼吸器に負担がかかるため、安静にする部屋の環境にも気を配ってあげましょう。部屋の湿度は60%前後に保ち、脱水症状を防ぐためこまめに水分をあげてください。仰向けに寝ている際に咳が酷い場合は、枕やクッションなどを体に挟んで上体を少し起こしてあげると、呼吸が楽になりますよ。同様の理由で、赤ちゃんの場合は横抱きよりも縦抱きにする方が適しています。

また、家族の中に喫煙者がいるときは同じ空間で喫煙しないよう気遣いが必要です。症状が出ているお子さんが煙を吸い込まないよう、細心の注意を払ってください。

予防のために毎日の習慣を見直そう

気管支炎は、そのほとんどが風邪をこじらせることで発症します。このため普段の生活においても、外出先から帰ったら手洗い・うがいを徹底し、規則正しい生活をするなど風邪を予防するための生活習慣を作っていきましょう。特に赤ちゃんは周囲の人間からウイルスをもらいやすいので、一緒のお出かけの際はなるべく人ごみを避けるなど、家族みんなで気をつけることが大切です。
もし気管支炎を発症したとしても、病院での適切な処置とおうちでのケアを行うことで症状は改善していきます。お子さんの様子がいつもと違うと感じたら、早めにお医者さんの診察を受けてくださいね。

-ケガ・病気, 乳幼児