ケガ・病気 離乳食

ジャガイモを食べて吐いたりブツブツができる場合はアレルギーの可能性も

1122899
初めて我が子に食べさせるものは色々と気を使いますが、それがアレルゲン(アレルギー症状の原因となる成分)を含む食材の場合、なおさら注意が必要です。

今回は、子供のアレルギー反応を経験した身から、今後の戒めとなったお話をしたいと思います。

いつもの食卓に異変が起きた

タイトルにもあるように、子供が反応を示したのは「ジャガイモ」です。

その日の夕食はニンジンとジャガイモ、小間切れ肉を入れたカレーで、しばらくの間は普通の食事風景だったのですが・・・。

しばらくすると子供が咳き込みだし、その後すぐに吐いてしまいました(呑み込んだものも少々)。

最初は、何が原因かわかりませんでした。

わからないというか、全く初めてのことだったので、「考える余裕が無かった」と言った方が正しいと思います。

大抵慣れないうちは子供が吐くとビックリするもので、汚れた机を拭かないといけないし、服も着替えさせないといけないしで、バタバタなのです。

妻と協力して何とか終わらせた後、

「食べさせたものがカレーだったので、単にむせて吐いたのかな?」

互いにそう話していました。

用心のため、その日は子供にはカレー以外のものを食べてもらいました。

-----------------------------

そして1週間ほど経った日の夕食。

この時のメニューはクリームシチューだったのですが、食べさせてしばらくすると、また前回と同じように咳き込んで吐いてしまいました。

シチューは辛いものではないので、むせることは考えにくく、この時も後処理をしながら「どうしてだろう?」と思っていました。

ですが、後片付けも終わって冷静になってみるとピンときたのです。

カレーもシチューも、共通点はジャガイモが入っていたことでした。

冷静になってようやく、この事実に気がつきました。

ジャガイモはまだ認知度が低い?

食品衛生法の改正により、アレルギーを起こす可能性のある食品については、現在下記の27品目が表示の対象となっています。

●表示が義務付けられているもの

・えび
・かに
・小麦
・そば
・卵
・乳
・落花生

●表示が推奨されているもの

・あわび
・いか
・いくら
・オレンジ
・カシューナッツ
・キウイフルーツ
・牛肉
・くるみ
・ごま
・さけ
・さば
・大豆
・鶏肉
・バナナ
・豚肉
・まつたけ
・もも
・やまいも
・りんご
・ゼラチン

見てわかる通り、この中にジャガイモは含まれていないんですね。

原材料に明確に表示がされていると、アレルギーを引き起こす食品として記憶に残りやすいですが、逆に表示が無いと、なかなかアレルギーとの関連性は意識しにくいと思います。

このため、もしジャガイモを食べて吐いたりしても、

「むせたのかな?」
「うまく噛めずに喉に詰まったかな?」

と考えがちになります。

しかし、何かしらの食材を口にして目立った症状が出た時は、食物アレルギーの可能性もあることを頭の中に入れておく必要があります。

どのような症状が出るのか?

ウチの子の場合は咳き込んで吐く、と言った状態でしたが、一般的に食物アレルギーの症状としては、下記のようなものがあります。

●口の中(喉含む)の痛み、かゆみ

●鼻水、くしゃみ

●腹痛、嘔吐、下痢

●目、口のまわりの赤み、かゆみ

●ブツブツ(蕁麻疹)

代表的なものを挙げさせていただきました。

お子さんの体質はそれぞれですので、上記以外の症状もあるかと思いますが、大事なのは「いつもと違う」と感じることです。

いつもと違う様子であれば、食べさせたものを忘れないうちに控えておきましょう。

そして、早めに病院を受診することをおすすめします。

症状が出たら、早めに病院へ

病院を受診するメリットとしては、

●症状を緩和してもらえる

●食物アレルギーの有無を調べてもらえる

●今後の方針を立てることができる

などがあります。

そしてこれも覚えておいて欲しいのですが、食物アレルギーは時として命を脅かすものとなります。

アレルギー反応が重くなると、呼吸困難を引き起こすことも珍しくありません。

そして、今は軽くても、いつ反応が酷くなるかもわかりません。

万が一の時も病院へ行けば応急処置をしてもらえますし、仮にアレルギー検査で陽性と出れば、今後どのように対処していけば良いかなどを、お医者さんと話し合って決めることもできます。

-----------------------------

現在、ウチの子は医師の判断により、ジャガイモから距離をおいています。

ウチの子の特徴として、ジャガイモには反応はするのですが、小さい子のおやつで人気のボーロ(ジャガイモに関係した片栗粉が混じっている)は平気なんですよね。

摂取した量の問題なのか、体質の問題なのか、受診した時点では明確な理由まではわかりませんでした。

ひとまず、ジャガイモに関しては半年から一年近く経った後に少量あげてみて、様子を見てみようということになっています。

いずれにしても、すぐに結論が出るものでもないので、長い目で付き合っていこうと思います。

-ケガ・病気, 離乳食