ケガ・病気 赤ちゃん

クループ症候群の原因や症状、自宅でできる予防法をご紹介

2016/12/26

f53fbb0b9bda48b66d654751def6e757_s

クループ症候群という言葉を始めて耳にする方もいらっしゃるかと思います。これは主に乳幼児がかかりやすい病気で、症状によっては入院が必要となるため、あまく見てはいけない病気の一つです。

今回はクループ症候群を引き起こす原因と症状、病院で行う治療などについてまとめました。

クループ症候群とは?

ウイルスや細菌によって喉や声帯の周辺が炎症を起こす病気で、生後3ヶ月頃から6歳頃にかけてよくみられます。
クループ症候群とは特定の病名ではなく疾患の総称であり、原因や症状の違いにより以下のようなものがあります。

仮性クループ

アデノウイルスやインフルエンザウイルスなどが原因で起こります。

適切な治療により重症化することなく治る場合がほとんどで、近年ではクループ症候群といえばこの仮性クループを指すことが多いです。

真性クループ

ジフテリアやインフルエンザ菌b型などが原因で起こります。

このタイプは呼吸困難に移行するスピードが速く生命を脅かす危険もあるため、早急な治療が必要です。予防接種の普及により、ひと昔前に比べて患者数は少なくなっています。

頚性(けいせい)クループ

お子さんが元々アレルギーを持っていた場合、風邪などのウイルス感染を契機に発症します。
この場合繰り返しかかりやすい特徴がありますが、一度かかると免疫ができるため、二度目以降の症状は軽い場合がほとんどです。

初めは風邪の症状であることが多い!

クループ症候群にかかると、初めのうちは咳や発熱などの症状が見られます。このため風邪をひいたものと思いがちですが、次第に以下のような特徴的な症状が現れます。

●声がかれる
●苦しそうに呼吸をする
●「ケンケン」と犬が吠えるような甲高い咳をする
●息をするたびに鎖骨の上あたりがぺこぺこと凹む
●爪や唇が紫色になる(酸素不足によるチアノーゼ)

これらの症状が見られた場合クループ症候群である可能性が高いため、小児科を受診してください。
クループ症候群は悪化すると命にかかわることもあるため、たとえ真夜中であってもすぐに夜間対応の病院に連絡し、指示を仰いでください。

クループ症候群の治療

症状の度合いにより、原因となっているウイルスや細菌を死滅させるため抗生物質を投与します。そのほか咳や喉の腫れがひどいときはそれらを抑えるための投薬も行われます。投薬は医師の判断でお子さんの様子を見ながら行うため、咳がひどい場合でも個人の判断で咳止め薬などは飲ませず、まずは病院に連れて行ってください。

自宅で療養する際は、小まめに水分補給を行いゆっくりと安静に過ごしましょう。症状が落ち着くまではお散歩などの外出は避けてください。冬場であれば空気が乾燥しやすいため、喉への負担が軽くなるようお部屋を適正な湿度に保つことも大切です。
症状が重くない場合、適切な治療を行っていけば1週間程度で良くなってきます。

予防のためにできること

クループ症候群を引き起こすウイルスは特に冬場の乾燥した時期に活発になります。外から家に帰ったら手洗い、うがいを徹底してください。
また、真性クループの原因となるジフテリアは三種混合二種混合、インフルエンザ菌b型はヒブワクチンの接種により予防できますので、接種が可能になったら早めに受けておきましょう。
クループ症候群は感染したとしても、適切な治療により短期間で良くなることがほとんどです。日頃からお子さんの様子をしっかりと気にかけ、普段の様子と違うと感じたら早めに病院を受診してくださいね。

-ケガ・病気, 赤ちゃん