入浴 成長 赤ちゃん

赤ちゃんがベビーバスを卒業するタイミングは?沐浴以外の使い道などもご紹介

42cdafca4e22927ef83ad6f9e2f92c47_s
赤ちゃんのお風呂は、生まれてしばらくの間はベビーバスを使った沐浴を行い、頃合いを見て通常の浴槽に一緒に入るパターンが一般的です。

私もこれまで、我が子を何度もお風呂に入れてきましたが、慣れていないうちは何とも要領が悪く、色々と試行錯誤をしたことは今となっては良い思い出です。

そこで今回は、赤ちゃんとのお風呂に関する様々な悩みの中でも、特に疑問に思う方が多い下記の項目についてご紹介したいと思います。

●ベビーバス卒業の目安

●沐浴の時刻を決めるか否か

●赤ちゃんはシャワーのみでも良いか

●ベビーバスを使わなくなったら?

自身の経験も踏まえてお話していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの?

多くの親御さんが疑問に思っているのが、いつから赤ちゃんを浴槽に入れて良いかというものです。

これについてまず目安となるのは、1ヶ月健診で、赤ちゃんに異常が見られなかったり、お医者さんから「大人と一緒のお風呂に入っても良いよ」などと言われていれば大丈夫です。

ウチの場合、幸い1ヶ月健診で特に問題が無かったため、その数日後に浴槽デビューしました。

あらかじめお医者さんから「入れて大丈夫」と言われていても、初めて入れる時は「刺激が強すぎないかな」「お湯の中に落としたらどうしよう」などと、とても緊張しました(笑)。

ただ、1ヶ月健診で異常が無かったからといって、必ずしもベビーバスを卒業する必要はありません。

実際に他のママさんに話を聞いてみると、初めて浴槽に入れたのが生後3ヶ月の方もいらっしゃれば、1歳の方もいらっしゃいました。

大きな浴槽に入れると赤ちゃんが嫌がったり、慣れているベビーバスでしばらく続けたい、というのが主な理由のようです。

赤ちゃんがベビーバスにおさまるかどうか

健診での異常の有無以外に、赤ちゃんがベビーバスの大きさ以上に成長していることも、ひとつの目安となります。

もしも、ベビーバスからハミ出しそうなほど大きくなっている場合、赤ちゃんがベビーバスを蹴ったりすると洗う側も大変ですし、赤ちゃんも窮屈に感じてしまうかと思います。

ですので、洗っている最中に「そろそろ狭くなってきたかな」と感じた時が、ベビーバス卒業のタイミングとも考えて良いでしょう。

沐浴の時刻は決まっていた方が良い?

赤ちゃんの沐浴を決まった時間にするかどうかですが、生後1ヶ月頃までは生活リズムが固定されていないため、特に決めることなく、赤ちゃんの機嫌が良い時を見計らって入れてあげてください。

ただ、授乳直後の沐浴は、刺激によって吐き戻してしまう可能性もあるので、なるべく避けた方が無難です。

ウチの場合、生後1ヶ月までは概ね14時から16時の間に、1ヶ月を過ぎたら19時頃に入れていました。

生後1ヶ月を境に、赤ちゃんは段々と夜寝る時間が長くなり、沐浴によって上昇した体温が元に戻る段階で、寝つきが良くなるようです。

浴槽にお湯を張る習慣が無い場合は?

特に夏の暑い時期は、元々湯船にお湯を張らず、シャワーのみで済ますというご家庭も多いかもしれません。

こうした場合に赤ちゃん用にお湯を張るかどうかですが、実際私は、子供も含めてシャワーのみで済ませていましたので、張らなくても大丈夫だと感じています。

赤ちゃんは基本的に暑がりなので、お風呂からあがった後よく体を拭いておけば、特に問題ありません。

注意点としましては、シャワーのみだと手足の「みぞ」や首まわりに挟まっている細かい汚れが落ちにくいので、シャワーをかけつつしっかりと指で落としてあげてください。

使わなくなったベビーバスについて

赤ちゃんと一緒に浴槽に入るようになって、お風呂場に持ち込むことが無くなったベビーバス。

すぐに処分される方もいらっしゃいますが、下記のような場合に役に立つことがあります。

●赤ちゃんの体が冷えないようにする

●ベビープールとして使う

パパやママが体を洗っている最中は、どうしても赤ちゃんを待たせておくことになります。

部屋にそのまま置いておくのが心配で一緒にお風呂場に連れて行った時、特に寒い季節だと、赤ちゃんの体がすぐ冷えてしまうんですよね。

こうした際に、ベビーバスに1センチほどお湯を張って、その上に赤ちゃんを寝かせておくことで、目の届く範囲で少しでも温かい状態にしておくことができます。

最近では、お風呂場や洗面所に暖房が設置されているご家庭もありますが、こういった設備が無く、冬にお風呂場が寒くなる場合は、役に立つかと思います。

また、逆に夏の暑い時期には、水を入れれば乳幼児のプールとしても使えます。

普通のビニールプールと比べて耐久性の面では劣りますが、暑い時に少し水遊びさせてあげたいときに活躍しますよ。

-------------------

上記で挙げた使い方は、あくまで「沐浴が終わった後のちょっとした使い道」ですので、もし使い込んで汚れていたり、カビが生えているなどといった場合には、衛生的な観点から処分をおすすめします。

おわりに ~ベビーバスの時間を楽しもう~

赤ちゃんをベビーバスに入れて洗う期間は、意外とあっという間に過ぎていきます。

一緒に大きな浴槽に入るのも楽しいですが、生まれて間もない時期の沐浴は、思い返せば結構貴重な時間だったのかなと思います。

初めのうちは段取り等で大変かと思いますが、今しかできない沐浴中の赤ちゃんの愛おしさも、存分に味わってくださいね。

-入浴, 成長, 赤ちゃん